FC2ブログ
2019/02/15 (Fri) 月一の五十肩のメンテナンス/能の講座  紅葉狩

昨年 晩秋から月一でやってもらっている五十肩のメンテナンスの日

かつて酷い腰痛を治してもらった整骨院。

何かあれば駆けこめるとの安心感に助けられています。



もう他のセーターは、ないの?というくらいこればかり着てる。
モヘアニット🧶




特に冬の外出着は着物👘

たまに洋服じゃないとダメなときはほかのコーデを考える気がない💦



お昼を挟んで仏大四条センターの河村晴久さんの能講座に参加しました。

今回は紅葉狩



紅葉狩の記録映像を見せていただきながら一曲の勉強ができます。

毎回ほぼ満席なのもうなづけます。

紅葉狩は観世小次郎信光 作

見た目も華やかで
内容もとてもわかりやすい。



前シテの装束は
鱗の腰帯 蔓帯 摺箔  


女が髪を束ねる元結から、
この演出では後シテの鬼は女だとわかります。




特殊演出では通常と少し違う工夫などがなされているので、それを知って見ると一層興味深いと思いました。




酒が注がれた酒杯に映るのは美しい女人ではなく鬼?か
ギョっとする微かな反応

平維茂を睨みつける鬼👹

などなど 興味は尽きません。






ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ




スポンサーサイト

能楽 |


2019/01/28 (Mon) 新作能 王昭君を観る  



満席でした。



シテ 王昭君の辰巳満次郎先生にもお会い出来ました。

いろいろ質問をして、
かってに取材してる~風なところを
後輩がパシャしてくれました。



新作能の良さを感じました。
まずは王昭君の面 新作 蛾眉



よかったですよ💕
ギャラリーの展示よりお借りしました。


先輩 後輩 

そして
満次郎先生&弘道館のご縁繋がった若い方Hさんも京都から🚃👌みんなで記念に撮ってしてもらいました。




シェークスピアに二世紀も先立ち能いう演劇を日本に花咲かせた世阿弥らの能!


今回の新作能も中国と日本文化の融合^_^

拡大します⬇︎



脚本と詞章を担当された泉 紀子さん

この地元の大学の名誉教授です。




前作 オセロも泉さんの脚本




政治に翻弄された王昭君が
平安時代、管弦の名手であった貞保親王への琵琶の伝授に現れるという構想👌


王昭君が琵琶を実際に弾く演出もありました。

間狂言的に語る茂山逸平さんが、ようお話を理解して語る、秀逸 いい配役でした👌


ほんと
能っていいですね、


いいですね^_^
再演を望みます。



ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ




能楽 |


2019/01/27 (Sun) 堺の先まで新作能  雪模様の寒い日 カタモンに変更💦

寒い日になりました。

堺の先、南海本線高石駅に向かいました。

仕事で度々行っていた堺や泉北方面ですが、
地下鉄淀屋橋から難波~南海難波駅から乗車するのが常。
あのながーい地下構内移動は辟易だった。

今回は賢くなって、京阪北浜駅乗り換え
地下鉄堺町線で天下茶屋駅 へ

構内移動は短くて楽に南海本線乗車となるはず。



雪模様の悪天候☃️
予定の着物 を変更し
カタモン の古代染大島のちと上モンにしました。




帯留めはパール@義母
指輪パール@実母




W次郎さま💕
辰巳満次郎  大倉源次郎先生 
そして逸平さん💕

1時間45分かかるけど、行かなきゃね。

それに脚本 詞章は後輩の泉紀子さんだし💕


拡大します
👇



あの菱田春草の画にもある中国四代美人のひとり 王昭君





 能 は昭君



どんな新作になってるのか楽しみです。


ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ



能楽 |


2019/01/18 (Fri) 明日は米原まで  京舞 竹生島 水鏡など湖国に因む演目

先日、新門前通りを歩いた日は、偶然にも京舞 井上流初寄せの日でした。

今週末 米原で京舞と他流派の家元親子が 競演されます。


📝👍   こちら
https://www.s-bunsan.jp/event/11983.html


この舞台のことは早くから知っていたのですが、会場は駅前すぐとのことで、決まり!
早速、券を手配しました。

もう一つ、関心があった理由あり^_^

竹生島を舞われること。
実は半年寝かせてそのときを待たせていた

📝能 竹生島の帯があろます✌️




ご存知のように井上安寿子さんのお父様は観世銕之丞 お祖父様は片山幽雪


参照
📝数年前の投稿


たのしみです。

1人で行くもよし!

行きは新快速
帰りは時と場合によっては新幹線🚄?


そのうちリアル 竹生島詣でをしたいです。




ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ





能楽 |


2019/01/10 (Thu) 年初め 能カルチャーは船弁慶

今年最初の仏教大学四条センター
能カルチャーでした。
能へのいざない
 
以下、河村晴久先生の投稿より
ーー今月は「船弁慶」。源義経は兄頼朝に追われて都落し、瀬戸内海を西に進もうと尼崎の大物浦に到ります。弁慶の進言により静御前は都に帰るよう命じられます。
義経との別離を悲しみ、行末の無事をを祈る静御前。後半船出した船中の義経を襲う猛々しい平知盛の亡霊。前後二場が変化に富む人気曲です。
静御前の端正な動きにより、内に秘めた深い悲しみが表され、知盛の長刀裁きは怨霊の強い恨みを表現します。
舞台上に大道具などなく、謡の言葉と密度の高い身体表現により、見えないものが見えてくる、人気曲です。
教材用にしっかり撮影されたDVDを使って📀の講義。
半幕の知盛を楽屋の方からの撮影の映像もあり参考になった。
義経のところから去らざるを得ない静の落胆と悲しみ
そのシーンの動きで確認できたり、
📀で見る能もいい勉強になりますね。
先生が関わっておられる同志社大のサイトも教えもらいましたのでゆっくり拝見させていただきます。
こちら👇
http://densoken.jp/?page_id=750

次回は紅葉狩🍁
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ




能楽 |


| TOP | next >>

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード