2017/10/31 (Tue) 源氏物語 京ことばで語る会 嵐の日に 明石の巻


北村美術館のお隣 四君子苑の庭を背景にして源氏語りを聴いているときは激しい雨。
山下さんの語りはまさにの台風と相まって激しく展開。
ドラマ性のある巻なので楽しめました。
2年前に海老蔵さんと京都の観世 能楽師との共演の[源氏物語 明石]を京都劇場で見ました。
その時の龍神 先帝などのシーンを思い出しながら、目を瞑り拝聴 してましたら、イメージが膨らみよかった(^^)

文化財ゆえ撮影不可の今回
(可能な写真を特別に一枚お借りしました). ↓

室内での山下さんとの集合写真もありません💦

近くの韓国喫茶 李青で一服

ご一緒したいつもの皆さんと
お召し物の写真
あ、ない~撮り忘れました💤

いい雰囲気のお店

ヒビンバや韓国冷麺などランチもあります。また来たい!
わたしの着物は
また大島💦越後型絵染 塩瀬の帯

外に出たら雨が上がってました。

次回は一月だわ!

ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ







スポンサーサイト

源氏京ことば語りの会 |


2017/09/04 (Mon) 源氏語りの会は須磨   着物友と拝聴しました。

源氏語りの会は  須磨
とてもとてもよかった。
この春 京都劇場で海老蔵さんの源氏シリーズの須磨編がありましたが、在京の能楽師さんが龍神のお役で共演されたおかげで舞台の格が上がったという舞台を思い出しながら拝聴しておりました。

山下さんの語りのうまさがフルにでており、明石の入道に至ってはウフフとなる男声(^^)言うかおっさん声 @爆
今回の巻は和歌が多くあり、それを原文と現代語訳とダブルでうまく読まれるのにも感心しました。
源氏の蟄居の物悲しさを須磨の海の 効果音で演出。

⤴️許可撮影の画像を拝借しました。

山下さんのお召し物は珍しいかたもの紬でした。
須磨の田舎だからそうなされたと、そうでしたか!
後で伺うと須磨に蟄居している田舎暮らしだから、と。なるほど。
そういえば、ご一緒したハムちゃんも蟄居なんで地味にされてました。
栗山工房の帯のおふたり。

わたしは麻衣子さんを山下さんにご紹介するというミッションがあったので、まいちゃんの作品しか考えてませんでした、とほほ、

受付などのお手伝いをされていた京友禅の作家 尾崎尚子さん、澤田麻衣子さん、山下智子さんを両手に花!のわたしでした。

終了後この町家はお茶もできるのでしました。

みなさま、ご一緒をありがとうございました。

来月は明石の巻. 10/29 2時
 北村美術館にて開催

追記
山下さんの記録から引用させていただきました。
以下 引用
📃須磨の巻は、位をなくした源氏が山がつのように身をやつして侘びた暮らしをしているので、語り女房も今回はぜんまいの紬で語りました。
帯は中井和子先生の遺品、塩瀬に手描きの大和絵。

源氏が都に残してきた愛し子東宮の姿は藤壺に繋がります。前は薄くて見えにくいですが
葦鶴のひとりおくれて鳴く声は 雲の上まで 聞こえ継がなむ
という大江千里の歌が。少々意味合いは違いますが、源氏不在を嘆いて危険をおかして訪れる頭中将との場面で交わされる歌の鶴と孤独繋がりで。
そして続く明石で登場する明石の君のイメージ 琵琶。

差し色の青と紫は紫の上の声が潮騒にかき消されるイメージで。。。
着物選びの愉しさよ📄
引用終わり
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ








源氏京ことば語りの会 |


2017/05/21 (Sun) 京ことば源氏物語 語りの会  葵の巻に因むコーデ

奈良の興福寺薪能に行く前に、
山下智子さんの 京ことば源氏物語 語りの会がありました。

会場は千總ギャラリー、
現在小袖展が開催中の会場で語られました。

いつものお着物のお友だちは葵の着物、帯 源氏香など因みものの装いに、
祇園で結われた御髪でお揃いになって、
会場は華やかなことでした。

葵のコーデ

わたしは帯留め が葵と源氏車

御髪

勢揃い(^^)

語りの会のおかげで毎回お着物の皆さんとご一緒できるのも語りの会の楽しみになっております。
語りの途中で奈良にダッシュしまして失礼いたしました。
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ



源氏京ことば語りの会 | comment(0) |


2017/03/31 (Fri) 葵の帯揚げが届きました。次回の源氏は葵の上!

先日の作品展でお願いしておりました帯揚げが届きました^ ^

帯揚げは完売だそうです👌
源氏香入りがツボでした。



次回の五月の源氏物語語りの会は葵の上👏



語りも帯揚げも楽しみにしております。





ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ



源氏京ことば語りの会 | comment(0) |


2017/03/15 (Wed) 源氏に因むコーデ 語りの山下さんの辻が花の訪問着

源氏に因む装いをご覧ください。
はむちゃんは素晴らしい金泥の袋帯で源氏物語をイメージ✨ 

帯締めは言わずと知れた道明。いい帯に唐組は、まさにドンピシャでした。

山下さんは素晴らしい辻が花の訪問着。
花宴に出てくる藤の花の幻想的な場面の語りに相まってうっとり。
一見渋いのですがライトが当たるとなぜか派手な着物になるのですよ~。この栗のような紫がかった茶色、大好きな色です。   とのご自身の感想。
本当に着物なればこその語りの会でもありました。

お隣のお席となった方から、ブログをおやりになってますよね?とお声かけがあり、

お召しものにすぐに目が行き初対面ながらもデジデジ📸

型染めの源氏物語、葵祭の帯とご自分で刺された刺繍の小紋👏👘

京都のお方で、なかなかお着物にお詳しい。

次回はいよいよ、葵の巻
5/20. 2時から    千總ギャラリー
わたしも参加します。

葵が描かれた扇面の帯と帯留ありますし、ね。👌

葵の凡帳

みなさまも是非一度ご参加になって見てください。
山下さんの京ことばの語りの魅力は言葉で言いつくせませんから。
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ










源氏京ことば語りの会 | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード