FC2ブログ
2009/09/08 (Tue) ある男の半生

作家名は呼び捨てにするのが通常なのですが。。。
この方を私は何故か呼び捨てに出来ないんです。
だから。。橋本治センセイといっております。

拙著『女の言葉が男を変える』(講談社)には橋本センセイのフレーズがいっぱいです。
書店と出版社のご厚意で直にお目にかかったことも今となれば、わが自慢のひとつです。

もちろん依頼原稿の場合は,、、橋本治と書きますが。。。

さて、件の橋本治センセイの新刊は長編小説です。

『巡礼』(新潮社)です。

 CIMG4223.jpg


戦後急速に日本は変わったけれど。。。。
はたして心底変わったのだろうか?
経済力はついたが。。。ひとそのものはそんなに変わっていない。
戦後ずーっと1政党が主に支配してきた政治システムに中で堂々巡りをしてきただけ。
アメリカの影響下でアメリカの後追いをしてきただけ。

街が変わり住人も入れ替わったが、、、、昔のままに取り残された男がいた。
まじめに戦中戦後を生きてきたはずなのに、どうしてこうなってしまったのか?

その男はゴミ屋敷の住人と化してしまった。
なぜ?。。。。
本書半ばから、その男の半生が描き出されることになり。。。
一気にぐいぐいと引きっこまれる。


戦後すぐの生まれ(橋本センセイもそう)のワタシ世代は、
昭和20~30年代暮らしの細部(details)にうなづき、
団地族の誕生、自家用車も走り始めた頃のことも懐かしく思い出される。

男の両親の家業である荒物屋っていうのも懐かしい。
私の故郷にも荒物屋の番頭から身を立てて。。。店を持った知り合いのおじさんがいた。
商売が狂ったのか。。。。夜逃げ同然に忽然と消えた家族があったなあ~。

いろいろ幼い頃の記憶をたぐり寄せながら。。。
ゴミ屋敷の住人の男の半生はひとごととは思えない私たち日本人の戦後史でもあることを思い知らされることになる。

最終ページで不覚にも涙を流してしまった。
あまりにも不器用な男に対しての鎮魂の涙だったと思う。
誰が悪いわけでもない。

ところで、
その男に三行半を突きつけた元妻の女の半生はどんなものだったんだろうか?と気になる。

      CIMG4225.jpg



   一応概要を理解していただくために朝日の詳しく書き過ぎた感ありのインタビューもお読みください。




book | comment(8) |


2009/09/08 (Tue) 小さい秋

HP表紙画像の更新が不調なので。。。。
ココで更新しました



法然院前の通りをウオーキングの際に西日を受けて輝く様

0908top.jpg



        CIMG4221.jpg

暮らし | comment(0) |


2009/09/07 (Mon) 今日は白露

いかがお過ごしでしょうか?

秋らしい好みのテンプレートに変更したいと。。。。ゴソゴソと何度も変更して済みません。
シンプルですが、使い勝手のいいこれにやっと落ち着きました。
右上に文字サイズが変更出来る機能あり。
お好みの好いサイズをクリックしてみてくださいね


昨晩、コードレスで気に入っていたキーボードが故障して、
もともとこのmacを購入した際についていた純正品にチェンジしてやってます。
ちょっと慣れないので打ちづらいですが。。。

わたしのマウスもなかなかなものでして、これじゃないと動かせないほど依存しています。


ああ、左利きなので置く位置が反対でしょ
      CIMG4215.jpg



さて、今日は二十四節気の『白露』
とはいえちょっと掃除機をかけただけでも汗ばみましたが、
朝夕はやっぱり秋ですね


白 露 (はくろ) 9月7日ごろ
陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)

白露とは、大気が冷え、野の草に露が宿って白く見える頃の意味。
秋分の15日前で、この頃から秋の気配を感じるようになる。
露は、大気が冷やされて大気中の水蒸気が地面や地物の表面に凝結して出来た水滴。
風が弱く、晴れた夜ほど大気の冷却が大きく、露が出来やすくなります。
露は秋の季題にもなっていて、秋の季節感をそそります。


とのことです。


深窓氏のホームページ更新されております

お知らせ | comment(2) |


2009/09/06 (Sun) 磨く

磨かざれば光なしを実体験しました。

その1
友人の友人であるマダムが経営されている馴染みの京都ホテル地下のイ○ラジュエリー。
ここで10数年前に誂えたルビーとラピスをメンテに出しました。

細かいダイアモンド細工も鈍い光、間に汚れも付着していましたが、
購入したときのような新品になって戻ってきました。


  CIMG4185.jpg


今年は結婚40周年ルビー婚なので、もうひとつ記念のルビーを現在加工に出しています。
戻ってきたらまたご笑覧くださね

その2
ヘンケルスの日本仕様の特別バージョンが発売されてときに購入した包丁。
切れが鈍くなったので購入したタカシマヤでメンテしてもらいましたら、
これもまた切れ味がよくなって戻ってきました

        CIMG4214.jpg



どちらもメンテ料はかかりましたが。。。値打ちあり


人間もサラッピンになるメンテがあれば???でも怖い。
古いものもそれなりにまだ使えるから??



 INOの読書ノートを更新しました




キモノ一般  | comment(0) |


2009/09/05 (Sat) 秋色単衣 絽ちり

絽ちりめんは単の季節も着ることができますので、
このマロン系(和の色名?)万筋にしました。

襦袢はウソ付き。
まだまだ汗ばむので中性洗剤でザブザブ洗います。


   CIMG4165.jpg

帯はあっさりと8寸。
私の帯の中でも絞めやすさでは5本の指に入る一本。
昨年ゑ○善さんの新築オープン記念にお祝儀のつもりでいただいたものです。

昨晩ベットの中で考えたコーデ(爆)
結構気に入ってます。

   CIMG4163.jpg      CIMG4168.jpg


  CIMG4167.jpg



                  CIMG4175.jpg


お出かけ先は専門委員を長年やっている生涯学習総合センターの音楽コンサート。
京都市交響楽団のメンバーによるクラシックが低料金(800円)で気軽にホールで聴けるとあって、今、人気なんです、一度聴きにお越し下さいっていうことで。。。
聴かせていただきました。

 CIMG4180.jpg

 CIMG4181.jpg     CIMG4183.jpg


      CIMG4177.jpg

3人が交替で司会や曲の説明をされているのがとてもよかったです。

京都市はボストンとの姉妹都市提携50周年ということでアメリカ映画音楽も曲目にあって、
楽しいコンサートでした。


    CIMG4179.jpg

また時々覗かせていただきたいと思っています。
ご招待ありがとうござました

単 9月 | comment(0) |


2009/09/04 (Fri) 昨日のドライブ&ハイキング


  昨日のつづきは。。。

  「好奇心は世界を巡る」にて更新しました






お知らせ | comment(0) |


2009/09/03 (Thu) 夏を惜しむ床

夏の名残の床の招待を受けて、、、ふたりで着物でおよばれしてきました。

CIMG4102.jpg




         yuka1.jpg


暮れなずむ頃にスタート

何とか無事夏を越せて、、、よかったですねって夫の姉夫婦と乾杯
yuka2.jpg



           yukaall.jpg



0903yuka2.jpg


           0903yuka4.jpg


今宵は満月です
yukamoon.jpg




コースの中でもいいものを予約してもらったらしく、
どんどん高級なものが運ばれてきて。。。粗食に慣れている胃がびっくり

 yukaf1.jpg    yukaf2.jpg    yukaf3.jpg

 yukaf5.jpg    yukaf7.jpg   yukaf6.jpg

鮎 松茸の土瓶蒸し 鴨なべなど。。。。これ以外にもお造り他幾品???
新米のご飯がとてもおいしかったのですが。。。満腹で8分目だけいただきました。

どうも、ごちそうさまでした


単 9月 | comment(2) |


2009/09/03 (Thu) 秋を訪ねて 

いつもの3人で今朝からドライブ&ハイキングをしてきました。

夕方からまた着替えて義姉夫婦と会食に着物で出かけますので。。。
少しだけ


 CIMG4017.jpg


高山寺

        00903all.jpg




嵐山高雄パークウェイー展望台にて
眼下に広いがる京都の絶景(左奥に京都タワーが見えます)



0903dora1.jpg


コスモス園
0903kiei.jpg

ではまたにつづきます。

洋服で | comment(0) |


2009/09/01 (Tue) 9月になりました。

この夏にまだ手を通していなかったのが、、
着物を着るようになった初めの頃に作ったこのベージュの絹芭蕉です。
(着物姿で初めてメディアに登場@新聞社系の冊子 した思い出の1枚)

絹芭蕉は単の時期にも着られるらしいので。。。
本日の街にお出かけに着ました。
浴衣系を除いて(この夏は1枚も着ませんでした)これで全てに一度は手を通したことになります。
おかげでもう夏着物が難なく着られるようになりました

もうこれで夏着物も終わりです。


CIMG3974.jpg


帯は絽塩瀬。

帯揚げには秋色の茶。
手製の根付けのビーズの色に合わせて帯締めの色目も合わせてみました。


              CIMG3972.jpg
CIMG3970.jpg


先ずの1番に行ったのは今朝の新聞でも紹介されていた
沖縄の紅型展。

CIMG3966.jpg


        CIMG3982.jpg

そしてお茶席券もいただいていたので

恒例の山村御流いけばな展も拝見しました。

作品を出品していた私の元受講生さんとも再会しよろこんでもらいました。

CIMG3985.jpg

単 9月 | comment(7) |


<< back | TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード