FC2ブログ
2010/06/15 (Tue) 仲良しの子ども(5)

再更新しました一番下です

2日目午後

ここは外せない記念館

CIMG0805_20100613224645.jpg

      初めて引揚記念館を訪れて。。。 

この街が明治の開港以来、旧海軍の軍港の街として栄えたことは周知の事実
この街には公的な病院が人口比に対していくつもあったこと
都市ガスが早くから通っていたこと
軍需工場があったこと
空爆にもあったこと
立派な旅館や施設が多いことなど。。。。
子供のころからよく知っていた

CIMG0813.jpg


戦後は
旧海軍の施設には海上自衛○があること
軍需工場は日本海側屈指の造船所として日本の高度成長を支えたこと

引き揚げ者がそのままこの街に定住し労働力となって栄え
戦後ずーっと革新市政であったこと
それと矛盾するかのように自衛○が共存し
この街では保守革新の二大政党体制が確実につづいていた
いわゆる戦後55年体制の典型的な街

そういう政治的な環境の中で私たちは育ちました。

そして、高度成長期の繁栄は衰え
某電力会社の発電所建設によってお金がかなり落ちているようであるが
それも期限切れが近く
ロシア貿易はそれほど期待は出来ず
商店街はいわゆるシャッター通りとなっているようで

この街にはそれなりの社会環境と人口はあるものの
これといっためぼしい経済的な希望はみいだせないようで

でも。。。。。
故郷の海はいつ見ても美しい

この海が、
引揚者を迎え入れた、その海なのです


     幼い頃から知っている有名な引き揚げ船
     CIMG0822.jpg


引き揚げ者が最初に目にした日本の風景であったことを忘れてはならない

現に、歌手の三波春○氏もその一人だった

 CIMG0817.jpg



       CIMG0824_20100615195710.jpg


              CIMG0826_20100615195744.jpg



CIMG0821.jpg


      CIMG0823_20100615233827.jpg


この海を見ることが出来なかった未還の抑留者
引き揚げの途中で亡くなったひと
あちらに留め置かれたひと、、、
何百万人!!!

     CIMG0816.jpg      CIMG0815.jpg



わたしたちは海に向かってここまで生きて来れたことに感謝しなければいけない

故郷の海は、戦後史と連動している。。。。

戦後世代としていろいろ思う海なのである。

              

最後の訪問地

電力会社運営のプラネタリウムのあるミュージアム

CIMG0853.jpg


海の街にふさわしく客船(エンジンがないだけ)です


CIMG0831_20100615200448.jpg



船長室にはわくわく。
本当に船室なのです。
CIMG0838.jpg


         CIMG0841_20100615200603.jpg


CIMG0858.jpg


CIMG0855_20100615200707.jpg


CIMG0849_20100615200642.jpg


        CIMG0850_20100615200729.jpg


クレーンブリッジを渡って。。。市街地に向かいます。
      
CIMG0827_20100615195824.jpg


1昨年、クルージングをさせてもらった処に来ました。


CIMG0866.jpg

CIMG0880_20100615201021.jpg


CIMG0874_20100615200908.jpg

理いっちゃんが待っていてくれました。


私たちへのお土産にとクルージングして釣った魚を内臓をとって冷凍保存しておいてくれて。。。。
それを保冷箱に詰めて持たせてくれたのですよ。


もう~やってもらい過ぎよん!

CIMG0886.jpg


感謝感激でした。ありがとうございます

うれしいお土産とおしゃべり、訪問先、、、盛りだくさんの2010仲良しの子どもクラス会も終わりが近い


CIMG0909.jpg

JR駅まで送ってもらい。。。お別れです。
CIMG0910.jpg


ありがとう、ありがとう!



CIMG0919.jpg


お土産はみえこちゃんからもありました。
みえこちゃんの庭の甘夏とご当地のおせんべい、わかめ
CIMG0634_20100615201756.jpg


昨晩は理いっちゃんお鯛さんで料理しましたよ。
CIMG0924_20100615201951.jpg


       CIMG0923.jpg


たくさんの思いでいっぱいです。故郷はいいもんですね。

故郷の弟には会う時間がなかったので。。。本日
こんなに続いているクラス会に感心していました。

長々と綴ってしまいましたが、これでおしまいです


この街や海にご興味を持たれた方へ


夏には海があり、
今話題の農村ファームにコテッジもあります。
ご家族やお仲間とお出かけになってはいかがでしょうか?

幸い確か高速道路無料路線になるのでは(吉川~小浜)

CIMG0932.jpg


スポンサーサイト



暮らし | comment(4) |


<<あすなろさん  in 東北 | TOP | 仲良しの子ども(4)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

素敵な同窓会ですね こういったアレンジでなさる方は少ないと思いますよ 大体はホテルの会場を押さえて飲食ですものね 幹事さんが見事です

私も父の戦争体験を聞きながら育った世代です
この資料館については胸にジーンときました

2010/06/16 10:28 | 清水のりさん [ 編集 ]


ありがとう 

アケちゃん
お世話になってありがとう。本当に楽しかったね。アケちゃんの写真を見て楽しかったことを思い出します。

それにしても、アケちゃんのカメラは上手ですね。いつもながら・・・プロのようだなぁと感心します。すごい!

そして、仲良しの会の紹介をしているアケちゃんの文は、故郷をこよなく愛してやまない様子が溢れ出ていて、故郷在住の私は嬉しくなります。
ありがとう。

帰宅してから・・・ウレタンの玉手箱を開けて・・・ビックリ仰天。
何とも大きいハマチやイサキ。また大きな鯛のギョロメ目と目が合ってドキドキ。当分お魚には不自由しませんね。フフフ

それでは、メディア楽しんで待ってます。

2010/06/17 01:12 | ひらめ [ 編集 ]


清水のりさま 

そうなんですよ。
せっかく集まっても会食だけでは。。。ということで、
5年前に京都泊からはじまった大人の社会見学ツアーがつづいているのですe-68
今回は故郷探訪のいい企画でした。
名幹事に感謝です。

来年の話ももうでていて、、、次を期待しています。

戦中戦後史にふれましたが、
お読みいただいておりがとうございます。
あの海でいろいろ考えさせられました。

2010/06/17 09:31 | ake [ 編集 ]


ひらめちゃん 

こちらこそありがとう!
今回もムードメーカーしていただき楽しい2日間でした。

写真をそんなにいっていただき、写真担当としてはうれしいです。
2台を使い分けましたが、
次回はもっといい一眼レフにもち出そうかな?とお調子にのってしまいそうだわん。

本日、メディアをポストインしておきますので、おあとはひらめさんのすばらしいテクのCD制作を、よろしくねe-280
これが何枚もたまるまで。。。ご参加、制作をきたいしています。

ではではまたね。

2010/06/17 09:37 | ake [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード