FC2ブログ
2010/11/20 (Sat) 和洋のストールで街中まで

街中へ出るいつものバス路線は、先日懲りたので。。。
南に下がるのは止めて、まず西へバス
この路線だと停滞せずでした。

そして、御所の角(烏丸丸太町)から地下鉄で四条烏丸へ

CIMG6652_20101120202841.jpg


今日は暖かくて小春日和(インデアンサマー)で、バスの窓もこんなでした。
    
       CIMG6651.jpg


羽織はなしにして先日、洋服では断念したさくら子さんと処のお大判ストールで

CIMG6647.jpg

     CIMG6648.jpg


CIMG6656_20101120203239.jpg


中はカジュアルな紬です。
CIMG6660.jpg

     CIMG6638_20101120203202.jpg


本日が初日のこの映画、『レオニー』をみました。
松井久子監督に敬意を表します。

CIMG6658.jpg   

       CIMG6659.jpg



これで3作目、レオニーを世に出そうと決めて以来完成までに7年、
ようがんばらはったわ~。

何という力強くたくまいい女性だ。
男尊女卑も甚だしい日本に来日して、イサム ノグチを育て、またアメリカに旅立たせる。
母の薫陶を得て、イサムは世界的な芸術家となる。
この母にして、この息子あり。

原作のドウス 昌代さんの本を読まなきゃ。

20世紀初頭のニューヨーク。文学の道へ進もうと希望を膨らませる一人の米国人女性がいた。彼女はある日本人男性の子を身ごもることで、アメリカと日本でその子とともに困難な人生を生き抜くことになる。世界的な彫刻家イサム・ノグチの母、レオニー・ギルモアがその人である。彼女は一体どのような人物だったのか。ドウス昌代の著作に着想を受け、脚本14稿を重ね、7年の歳月をかけて本作に挑むのは、『ユキエ』『折り梅』でメガホンを取った松井久子監督。(京都シネマのサイトより)



終了後、ユニク○や「ラクエ」にも寄ってみる。

ラクエには奈良での仕事のあとには必ずと言っていいほど立ち寄っていた奈良上布の店が出店している。
CIMG6665.jpg


また好きなパン屋もあって、便利で、ラクになりそうな「ラクエ」である。

    CIMG6664.jpg

日が暮れるのが早くなって。。。6時にはもうあたりは暗いし、、、バスは渋滞。
明日も大変な人出となることでしょうね。

スポンサーサイト



袷 11月 | comment(4) |


<<晩秋のお茶会  | TOP | 「そうだ、京都 行こう!」in 安楽寺~若王子>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

レオニー、私も見に行きたいです。
行きたいところ、したいこと、
たくさんあり過ぎて(^^;)ゞ

そして、やっぱり京都の紅葉が見たくて、
今週なんとか時間を見つけます。
水曜日長女が仕事がお休みなので、
今度こそ!
久しく行っていないのですが
光悦寺はどうなのでしょうか?
子どもの頃、祖父に連れて行ってもらい、
とてもひなびたよいところだった記憶があります。

2010/11/21 00:33 | 津己子 [ 編集 ]


 

akeさま、驚きました。この映画、私も昨夜観てきました。
映画の好みが合うみたいで、嬉しくてたまりません。
手応えのある素晴らしい映画でしたね!
この母にして、この息子あり・・ホント納得しました。

2010/11/21 08:17 | sogno [ 編集 ]


津己子さま 

レオニー、ほんとうにおすすめです。
明日は京都入りでしょうか?

紅葉のピーク、しかも平日。
鷹峯、光悦寺あたりもいいでしょうね。
ここも紅葉で有名ですよ。

しっかりおふたりでもお楽しみくださいv-34v-34



2010/11/23 11:33 | ake [ 編集 ]


sognoさま 

レオニー縁にe-266

もう一度見てもいいかなと思えるほど、手応えのある映画でした。

松井監督の執念、それを感じさせられる内容でしたわね。

あの時代に西洋女性に対して不実な男性がいたんですね。
それはすごいこと、ある意味魅力的な男性だったんでしょうね

異国で「未婚」で暮らした女性があの時代にいたことe-350津田梅子、小泉八雲の妻、ハル、、、日米の女性史としても興味ある内容でした。

2010/11/23 11:41 | ake [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード