FC2ブログ
2011/01/28 (Fri) さすが!オゾン作品!!

オゾン監督作品で、しかもカトリーヌ ドヌーヴ主演なので、、、
この映画は絶対に見逃さないでみたいと思っていました。

      down_0100.jpg



今日、急遽、同級生で寮友のkuniさんを誘って見て来ました

さすがのオゾン作品。もう『8人の女たち』以来見ていますが、好きです。
ジェンダーを意識した種々のメッセージがちりばめられて、
そこはオゾン監督&脚本で、何とも心憎い台詞や予期せぬ展開で見せてくれました。



アメリカにはメリル ストリ-プがいるので、彼女の映画は見続けているのですが、
ウイットに富んで、苦い味も加味された心憎い映画がつくれるところが、フランスであり、それを堂々と演じるカトリーヌ・ドヌーヴのいるフランス女性がもっとうらやましいです。

女優の力は大きい
同世代に、あこがれの女優がいて、彼女たちが演じられるいい役柄と脚本と監督に恵まれていることは重要です。
それを見る私たちにとって生きるヒントとなるんです。


今回の映画の時代背景は70年代後半から80年。
欧米のウーマンリブの時代で、
フランスでは中絶法が成立しています。
 (娘が望まない妊娠に悩んでいる際に、ドヌーヴは娘に中絶ということもあり得ると示唆する場面も)


人生は美しい!と大合唱!!スカッとしました。


最後に骨抜きにされたようなドヌーヴの夫の姿が何とも可愛いかったといっては男は仕事だと威張っている男性にとっては不愉快な映画かも??

女性と組める男性には救いありなので、ご安心を。

取り急ぎ、映画のことをアップしました。あとに続く予定です

この映画に関して検索していて面白い記事を見つけました。

『ベネチア国際映画祭』の会場でオゾン監督は「日本では『シェルブールの雨傘』にかけて、邦題を『しあわせの雨傘』と決めたそうだけど、これを私はとても気に行っている。とてもポエティックで美しいタイトルだと思う。」と邦題についてコメントしたそうです。

原題は『POTICHE』
 暇に飽かして詩を書いている退屈な主婦時代のドヌーヴ(役名はスザンヌ)を象徴。

検索したところ、
  potiche は(中国や日本の)大型陶磁器(*壺(つぼ)・花瓶などの置物を指す)と( 実質的権限を持たない)名誉職の人、置物、飾り物の意味があり、もちろん後者の意味合いーーーーー

 
ドヌーヴは「私は自分のことをコメディ女優だとは思っていないけど、コミカルな役を演じるのは大好き!気持ちがいい!劇中で唄うのも、演技とはまた違った面白さがあって楽しい。この作品で劇中で唄うのが最後の機会にならないことを願うわ(笑)」と会場の笑いを誘ったとも。。。。

ツボ

スポンサーサイト



映画/音楽/芸能など | comment(2) |


<<映画のあとで | TOP | 寒い日です>>

comment











管理人のみ閲覧OK


私も見てきました!! 

akeさまもご覧になられたのですね!!

実はお絞りの会の翌日も大阪に用があり、そのあと梅田でこの映画を見ようと、決めていました。

八人の女もDVDで見て、どんでん返しの結末や個性的な配役、とても好きな作品でした。
今回のものは肩の凝らないコメディタッチで、音楽も心地よかったです。

この2作品しか見ていませんが、ドヌーブは、大女優の貫禄ですね。どんなシーンでも気品を感じ、大人の女性の魅力を見せつけられました。
まさにフランスの女優さんの象徴ですね。

見た後に、時代背景なども知りましたが、政治家の言葉を台詞にするなどシニカルな言葉の遊びもあったとか。

フランスは婦人参政権の獲得も意外に遅く、保守的なところも多々感じる国ですが、夫役の「彼女は"potiche"、だけど空っぽじゃなかった」という台詞、心に残りました。

それにしても、ドパルデュー、どうしてあんな体型になってしまったのでしょう??





2011/01/28 21:27 | すず [ 編集 ]


よかったですねえ~ 

>すずさま
ご覧になって、コメントしてくださりうれしいです。
すずさんはたしかフランス語がおできになるとか!
いいですね。
よくフランス映画をみるので、私にもわかる会話も少しはあるのですが、、、

ドヌーヴの中年を過ぎてから好きで、欠かさず見ていますが、ますますいい感じで、貫禄もおっしゃる気品も素晴らしく、目が離せません。

この映画は時代背景もよく加味されていて、なかなかのできでしたよね。
雨傘工場というのは、、、ドヌーヴを意識したものですよね。
ドパルデュー、、、たしかにどうしてたの???体型でしたね。

またお互いにいい映画をみましょうねe-266

2011/01/29 23:29 | ake [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード