FC2ブログ
2011/02/19 (Sat) 小児の病気の経験

その後、さくら子さんところの子どもたちはおかげさまで元気に暮らしております。

先日のR妹ちゃんの熱性痙攣の経験を記録して、
小さなお子さんのおられる方への情報を提供しておりますので、ご紹介しました。


  熱性痙攣の記録

スポンサーサイト



お知らせ | comment(2) |


<<経験分析しながら | TOP | 葡萄にブドウ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

怖かったでしょうね~。
入院のベッドでの点滴が痛痛しいです(T_T)
でも、シールがキャラもの、
末っ子が点滴していた時を思い出しました。
我が家は幸い4人とも引きつけたことはないのですが、
高熱時にうなされて、生きた心地がしなかったものです。
ママがダウンするのもわかります、
病院で良かったですね。
子どもの病気は予測がつきません。
悪くなるのもあっという間ですが、
元気になるのも早いです。
もう少し大きくなったら、
きっともうひきつけることもないと思います。
お大事に~。

2011/02/19 21:46 | 津己子 [ 編集 ]


 

>津己子さま
ご覧いただきありがとうございます。

私に知らされたのは、というより、
携帯が??でしたので、私から何かあったの?って連絡したので、知ったのでした。
私も深窓氏にはすぐには知らせず、峠をかなり越してから告げました。

見ていたさくら子マミーはほんとうに怖かったことと思います。
深夜でパパの出張中だったらとおもうと。。。e-350

私たちもお互いに何とか子どもが育って。。。ほんとうに好かったですよね。

これからも温かく見守ってやってください。
いつもありがとうございますe-266

2011/02/20 09:12 | ake [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード