FC2ブログ
2008/11/15 (Sat) ペトロフ修復コンサート

今日も夕方からお出かけ。
着物は秀子さんから譲られた真綿紬。
晩秋らしい色合いです。
CIMG5002.jpg


帯はやっとこれを
昨日は手こずった縮緬帯とは違って何と絞め易い西陣九寸全通名古屋帯。

CIMG5003.jpg


お譲りなので。。袖丈が1尺3寸。
。。。それにあう羽織りは???
精一杯丈出ししてもらったものの。。。やっぱり私には短め。

義姉から来た臈纈のいい羽織りなのですが。。。断念

CIMG5008.jpg


仕方がないので会場で荷物にはなるが。。。道中着にしました。

CIMG5012.jpg

街中に出るのにいつもは20分余りで行ける街中に約50分も掛かる渋滞ぶり。


河原町御池のホテルのライトアップを車窓より。
CIMG5014.jpg


行き先は。。。
以前にもここでも記したと思いますが。。。中村大○郎の『ピアノ』(義父の兄弟子にあたる)という有名な美人画(京都市美術館蔵)がありますが、
『ピアノ』ゆかりのコンサートに夫を誘って行ってきました。

CIMG5024.jpg


曲目は子どもたちの教育に熱心だった大正期の音楽教育に相応しいものでした。
『ピアノ』に描かれている楽譜は『ユーモレスク』。
そこでこれも演奏されました。


休憩時には近くで拝見できました。
当時のペダルに取り替えられたとか。
CIMG5022.jpg



CIMG5021.jpg


そして、うれしい出会いがありました。
大三郎夫妻(『ピアノ』のモデルの大三郎夫人はウチの義母と交流があったので私も面識あり)のご子息が会場にお越しになっておられて。。。事務局の方にお引き合わせいただく機会を得ました。

このきっかけとなったのは。。。
数年前に幸子さんがご子息とたまたまお仕事の関係で会われたことがあって、ウチの父のことや深窓氏の本のこと話題にしていただいたおかげで兄弟子であった絵描きの家のもの息子同士として手紙のやりとりがあり、今晩、初対面となりました

このピアノのお振り袖はお母様がお嫁リの時のものだったそうです。

満足して学校の講堂をあとにして。。。
四条通りを東に

CIMG5026.jpg

久しぶりに『おめん』へ

CIMG5031.jpg

CIMG5027.jpg


            CIMG5029.jpg

スポンサーサイト

袷 11月 | comment(2) |


<<紅葉狩りin 岡崎公園 | TOP | 枯葉の大島(2)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ペトロフのピアノ 

どんな音なのでしょうか!
大正時代の音‥うーん、興味あります(^^)
曲目も分かりやすいものばかりで、楽しそうですね。
修復が完成されたということは、これからコンサートの機会も増えることでしょうね。
楽しみです♪

最近、akeさんのところで羽織がキーワード?!なので自分の中でも羽織熱が高まっております。笑
直してみようかなぁ‥と思う母の羽織‥直せるかどうか分かりませんが、トライしてみたくなってきました。

いつも季節にピッタリなお召し物、拝見していて楽しいです!

2008/11/16 20:11 | ぴぐ [ 編集 ]


いいご縁の夜 

>ぴぐさま

ぜひぜひ、この芸術センターにお出かけください。
いろいろなイベントをやってますよ。
またペトロフも弾かれるはず。
ちょっと固い感じの音でしたが。。。
元学校の講堂に相応しい演目と雰囲気でした。

ぴぐさんの例の作家の羽織り姿を拝見したいです。
ここ数年でいっきに長羽織を増やしましたv-34

2008/11/18 08:37 | ake149 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード