FC2ブログ
2013/04/30 (Tue) 皇太子ご夫妻のご訪問地、懐かしきアムステルダムに寄せて

GWが始まった日にカメラを持ち出し、法然院の藤を訪ねました。

PICT0033_20130430225515.jpg


PICT0037_20130430225223.jpg


PICT0031_20130430225222.jpg



PICT0043_20130430225222.jpg


足を伸ばして大豊神社


PICT0045_20130430225221.jpg


側の茶店の藤も見事なので毎年見に来ています。
PICT0052_20130430225317.jpg

PICT0050_20130430225318.jpg


このコートは。。。
あけ

   sけ

偶然にも,(現在皇太子ご夫妻が訪問中のオランダ)アムステルダムに行くことになったときに買い求めたものなのです。
マリークレールです。
何とそれは20年前の1993年の5月でした。

アムスで開催された夫の国際性科学会に同行して,わたしも関連分野なので学会にも参加しました。

IMG_0008_20130430225513.jpg  発表する深窓氏


『性の署名』で有名なジョン マネー博士がすぐ側で朝食をとっておられたものでした。

それが件のコートです。
アムステルダム中央駅前  IMG_0001_20130430225513.jpg


東京駅はこの中央駅を模して建てられました。

IMG_0014_20130430230657.jpg


IMG_0015_20130430230656.jpg

有名な跳ね橋
IMG_0013_20130430225514.jpg


IMG_0004_20130430225316.jpg



IMG_0005_20130430230656.jpg

運河沿いに建つホテルに一週間滞在しました。
IMG_0012_20130430225512.jpg

IMG_0002_20130430231134.jpg


チューリップが好きになったのは、
花市場でいっぱい見たからかもしれません。
ホテルにもお店にも花が溢れていました。
IMG_0003_20130430231133.jpg



IMG_0006_20130430231132.jpg


レンブラントの『夜警』の国立美術館。
フェルメールもいくつか見ました。

IMG_0007_20130430231132.jpg

いろいろ懐かしく思い出すアムステルダムですが、、、
食べ物はあまり口に合わず、また天候が不順で一日に何度も突然の驟雨。


この学会旅行は1993年でしたので、
アラスカ,アンカレッジ経由で飛びました
あの頃はそうだったのです。長旅でした。





ランキングに参加しています。
どうぞよろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ








スポンサーサイト



洋服で | comment(3) |


<<5月になりました。定番のページを更新しました。 | TOP | 今日はアニバーサリー ブルーとピンクの打ち掛け婚礼衣装など>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

私が訪れたのは2006年でしたが、
あまり風景が変わっていないことに感動いたしました。
中央駅とリジスキミュージアムは改装中でしたが(^_^;)
ミュージアムは堪能いたしました。
スーパーで「SUSHI]と書かれた助六のようなお弁当が売られていて、
嬉しかった(^_^;)
運河沿いのホテルは日本系のホテルですか?
私どもは、長旅の最後でランドリー付きの駅そばのホテルでした。

2013/04/30 23:46 | 津己子 [ 編集 ]


 

>津己子さま
いろんなお国にお行きになっておられますね。
わたしは夫の学会がらみで同行した都市だけです。

アムスはそれなりに気に入りましたが、食は??
運河沿いのこのホテルは満足しました。
学会が指定した欧州系のホテルでした。

最後の夜はお口直しに。。。
日系のオータニーの最上階でレンガ色の街並を見下ろしながら現地のひとに混じって鉄板焼きを堪能しました。

実は、友人の記者がオランダはまだ反日感情があるので、気をつけて!と。彼は女王さまのレセプションに向かう道中、生玉子を投げられ、お洋服が!!!とのことをきいていたので。。。。
現地では反日よりも、ロマのひとびとが気になりました。

2013/05/01 09:38 | ake [ 編集 ]


 

明美様
当時主人の兄がオランダ駐在で、
彼は弟と違って(?)食のこだわりの強い方なので、
美味しいお店をいろいろ教えていただき、
はずれはありませんでした。
チーズとパンは、断然ゲルマン!で、
どこでいただいてもはずれはなかったですし、
ホテルの一階は郷土料理のお店でしたが、
意外とうなぎがおいしかったり、
マッシュポテトと鱈のお料理もおいしかったし、、、。
本当、食事が印象悪いと楽しくないですよね。
その前のウィーンがもう一つだったので(スィーツ以外は)、
なおのことだったかもしれません。
オランダと日本はかつては友好国でしたのに、
やはり日独伊同盟の影響でしょうか?
卵を投げられたとは残念ですね。

2013/05/01 11:11 | 津己子 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード