2013/08/29 (Thu) 名残の小千谷^ - ^映画「クロワッサンで朝食を」

この透け感が秋風が立ち始めるともうおしまい。

着納め@名残の小千谷です。

IMG_0004_2_201308291433084ce.jpg

着物 小千谷
帯  絽ちりリ流水桜名古屋帯



IMG_0003_2_201308291433075d2.jpg

IMG_0009_201308291433063cf.jpg

この帯をごいっしょしたみょうがさんがいいですね、はんなりしていて、、、と。

みょうがさんこそ 帯が秋を迎えてますよ。

麻の描き画帯ですね。
IMG_0008_2_201308291433079c3.jpg


IMG_0010_2_2013082914381386d.jpg


そして、札止めがでるほどの満席の京都シネマ、朝一の席でした。

IMG_0007_2_20130829143812726.jpg


    こちらです。公式サイト


パリへやって来たアンヌは、夜ごと街を散策する。
自身もエストニアからパリに留学したラーグ監督がアンヌの目を通して、
観光客には決して見せないパリの素顔に迫る。
 
(モロー演じる気難しいマダム@フリーダの)本物のパリジェンヌの暮らしも見どころのひとつだ。
フリーダが身に着けているシャネルファッションは、プライベートでも故ココ・シャネルと親交のあったジャンヌ・モローのすべて私物。
フリーダの部屋には、シャネルの自宅にあったコロマンデル風の屏風が飾られている。
その他、白のティーカップセットはウェッジウッド、60年代の手縫いのカーテンはイヴ・サンローラン。
また、画家としても有名なパスカル・コンシニが美術を担当したカフェは、撮影後もそのまま使われている。
  公式サイトより


好き嫌い、評価も分かれる映画だと思う。

ただ、自分の意志を貫いて来た女性,ジャンヌ モロー健在で、
その貫禄と性悪さ(笑)は見る価値あり。

家政婦として憧れのパリにやって来たエストニアからのアンヌがいい演技をしている。
監督がエストニア人で、彼女を起用。

pic01.jpg   公式サイトより



原題も「パリのエストニア人」、このタイトルは日本では馴染まないと思われたのだろうか?
「クロワッサンで朝食を」なんて、、、ちょっとね。

どちらかというと彼女の出演あってのこの作品。

憧れのパリも気難しいフリーダのせいでもう逃げ出したくなる状況から、
フリーダと心が通い始めるようになるには、ほんとうのことを言ってあげるひととしての誠実さ。
それがわからないご主人様であったら、もう逃げ出すしかなかったのだ、、、、危機一髪。

街角のカフェの日常が魅力的。
老いてもこういうカフェがある都会の暮らしがいいな~

蛇足ながら、、、
フリーダのようなマダムをわたしは日本人で知っている。
映画をみながら、そのマダムを連想してしまった。
ジャンヌ モローと似た、
今なお健在の往年の美魔女



そうそう、「八重の桜展」を忘れていました。

大河ドラマをご覧になっていないみょうがさんをお誘いするのは遠慮して、ひとりで観てきました。

会津のお姫様、照姫さまも八重さんも達筆。
八重さんは男のような豪快な筆致。

だいたいお目当ての八重さんのことは冊子や本で知っていたので、、
、まあまあの展示でしたが、生のもに触れるのはいい機会でした。




ランキングに参加しています。
どうぞよろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

スポンサーサイト

未分類 | comment(0) |


<<椿姫さんは無事ロンドンに戻られました。ロンドンは気温24度!! | TOP | 巴里 京都 会津^ - ^みて来ました^ - ^>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード