FC2ブログ
2014/03/08 (Sat) 雨の日は大島 春色の帯2様 雛祭り展にて

この大島は手持ちの大島の中で一番上等(笑)な泥大島。
定番的な絣柄を選んだのが正解でした。どんな帯にも合わせやすいです。

3909.jpg

着物  古代泥大島
帯   きぬたや藤娘 ♡♢
IMG_0087_20140308085030b35.jpg

長襦袢はあえて蘇芳色にしました。袖口が華やぎますから。
IMG_0100_20140308085029e88.jpg


多津子さん

3913_2014030808565511d.jpg

嫁入りダンスからの大島ですが、
あえて八掛けを替えずにいるうちに赤もうれしい年代になってこられました(笑)


IMG_0101_20140308085427491.jpg

帯は、春色の花織がキレイ!
帯留めは作家ものガラス。
わたしもいただいたおソロです
3907.jpg




ランキングに参加しています。
どうぞよろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ






スポンサーサイト



袷 3月 | comment(2) |


<<帯周りをグリーンの差し色コーデ 2様 | TOP | マイブームの印伝  心斎橋店の品揃えにびっくり!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

私も嫁入りタンスに赤い八掛けの大島があります。還暦を迎えまして、地味な物に作り変えなければ着られないと思っていましたが・・・
そのまま着てもいいんですか。知らなかった。

2014/03/09 13:19 | しみず [ 編集 ]


 

>しみずさま
それは赤の色目にも寄ります。
多津子さんの赤はエンジがかった赤でしたので、袖口が明るく、柄の赤ともリンクしていい感じでしたので、あえてそのままにされたのだと思います。

わたしの嫁入りダンスの紺の大島の場合は、
赤が派手でしたので50歳で茶系に取り替えました。

2014/03/10 10:14 | ake [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード