2014/06/19 (Thu) ふたりの親友とその息子たち 美しい海辺で『美しい絵の崩壊』アンヌ フォンテーヌ監督作

京都駅八条口まで『美しい絵の崩壊』を見にいってきました。

twomothers.jpg

       *以下,画像は映画サイトから拝借しました。


イギリスのノーベル文学賞作家ドリス・レッシングの小説を、
『ココ・アヴァン・シャネル』のフランス人女性監督アンヌ・フォンテーヌが映画化した。

原題は『Two Mothers』
  この題名が語るふたりの母とは?!

原作は『Grandmothers』
  そう、彼女たちはおばあちゃんでもある。



オーストラリアの海辺の家、プライベートビーチのような他人の目が全く届かない美しい海辺
親友二人の女性とその息子たちだけの物語は、幻想か?白日夢か?

幼い頃からずーっと一緒だった母たちと息子たち。
この美しい4人だから目を覆うようなシーンもまっすぐに見ることができたのだろう。

 
   sub2_large.jpg

  

このポスターの説明書きにぎょっとする方は スルーして下さい。

poster2.jpg 拡大


美しいビーチと海、そしてガラス張りの海辺の家がこの映画に占める役割は計り知れない。
ただの街と家いう設定では成り立ち様がないような関係が美しく撮れているから。

息子とのことをあからさま告白し合えるのは女同士だから?

お互いに美しい肉体をもつ年頃の息子たちを「わたしたちの素晴らしい作品よね」って言い合っているうちはご愛嬌だったが。。。

かつてとても面白くスリリングな男女関係を描いた『ドライクリーニング』のアンヌ フォンテーヌ監督だから!と、期待した通り、ハズレなかった。

でも、一般的でないことはたしか。
だから、いいのです^_^

ラストシーンが秀逸!
こう終わるよりどうしようもない「ふたりの母」よね!

ロビン ライトが知的で大人の雰囲気が好みです!
以前もいい映画を見たから、なお興味を持って見にいったのです。
あの時は,ショー ペンと結婚したので、ロビン ライト ペンだったはず?
今回はペンがない? 
離婚したらしい(笑)


ランキングに参加しています。
どうぞよろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

スポンサーサイト

映画/音楽/芸能など | comment(0) |


<<夷川通に珈琲店がオープン。美味しいプリンにキャロットケーキ♡ | TOP | 当麻寺 myself ちくちく着物2様、自作帯 夏の手提げなど>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード