2015/01/25 (Sun) 能あそび講座 鱗柄小紋に梅の相楽刺繍帯

弘道館の今期の「能あそび講座」の新企画が始まりました(^^)

お能は、シテ方、ワキ、狂言方、お囃子方などのそれぞれが主役ということで、
毎回ゲストをお招きして、
林先生が聞き手になられてお話を伺ってくださるということで、
初回が囃子方の笛方、森田流、杉 信太朗さんでした。
お若いのですが、かなりベテランぽいし、楽しい方みたいですね。
能管の響きがすごい、こんなに強いとは!
ワークショップのおかげでますます能に引き寄せられて行きます。
早速、来月の林宗一郎先生の舞台の券を買って置きました。


毎回テーマに因んだ老松さんの和菓子の呈茶をいただきます。
今回は女人の袖の衣の重ねとか。

帰り際に、
林先生のお父様である当代の喜右衛門様ご夫妻にお目にかかる機会がありました。
義母からお名前を伺っていた先代喜右衛門様のご子息です。
令夫人は昔、我が家にお遣いでお越しになられたこともあったそうです。
ああ、まさに京都は狭いとは、このこと(^^)
わたしがこの年で能に引き寄せられているのも何か縁繋がりもあるようですね。
わたしのコーデは
鱗柄小紋を着たくなったのは、
シネマ歌舞伎の玉三郎さんの八岐大蛇の衣装を拝見して、思いつきました。
話食いです~

帯は相楽刺繍の茶器に梅(^^)
帯締めは、ゑり善さんの頻度の高い五色。
帯揚げは、井澤屋さんのもの、文字を粋な絞りに。

根付は仕事で訪れた弘前でお持ち帰りしたこぎん刺し(^^)

ランキングに参加しています。
どうぞよろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

スポンサーサイト

能 狂言 | comment(0) |


<<帯揚を整理してみましたら、黒地に雪兎や梅鉢を発見、今でしょ!でも使いにくい。 | TOP | この冬お気に入りの襟巻きとネックウオーマー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード