2016/06/20 (Mon) 読書ノートを更新しました。

読書ノート  こちら 

本文より引用
1922年春アメリカ、モンタナ州ボーズマンから物語は始まる。この物語の巻末には解説がついている。その言葉を借りながら、作品を説明していくと、ピーティを通して障害者の歴史を垣間見ることのできる作品であり、フィクションではありながら、実在する人たちをモデルにしているということである。
ピーティはいわゆる「脳性まひ」という障害だったが、当時はまだその障害そのものが認知されておらず、「知的障害」に対する言葉も、今とは異なって解釈されていた時代である。



ランキングに参加しています。
どうぞよろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


  

スポンサーサイト

お知らせ | comment(0) |


<<濃い目の差し色の帯揚げが、マイブーム | TOP | 真夏日の京都でしたが、汗にならずにお出かけできたのは、なぜ?不思議。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード