[橋弁慶 ] 凛々しい牛若丸は 小6子方 女子  

Category : 能 狂言
観世会館が秋まで改修中でつかえず、
御所西、京都府アルティの特設舞台でありました。
13501727_1022462477835596_4460096220799363454_n.jpg

アルティは金剛能楽堂の隣。
こちらにも同じようなお庭あり、京都府の会議で昔からここの会議室には来ているのにこちらの庭は知りませんでした。
確か旧宮家かなにかの跡に建つ京都府公館とホールとなっております

13510949_1022463541168823_6095654241733681844_n.jpg

お目当ては大津での隅田川での味方親子💘

13528973_1022462484502262_1756934443068791149_n.jpg

ウチの孫娘と同い年の小6のお嬢さん、梓さんが父の弁慶を相手に堂々と凛々しく大立ち回り。
かっこうよすぎる子方さん。

わたし、会を重ねるごとに益々ファンになってます💕ばあばの気持ちで見てます。

「夕顔」の笛は杉 市和さん、
憂いを感じさせる渋いいい音色に導かれて、在りし日の衣装で夕顔の霊 である後シテが登場します。

恋のために非業の死を遂げ、未だに怪しい物のけの執心に悩まされていると告げ、僧に弔ってほしいという。
やがて僧の読経に回向されて救われて明け染める空に消えて行きました。
衣装の長絹も素晴らしく、美しい舞台でした。

来月は観世定期、券をもう買っており、林宗一郎さん、大倉源次郎さんなど🎶💕楽しみです。

13516186_1022462511168926_3495121293227157080_n-1.jpg


ランキングに参加しています。
どうぞよろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード