2016/11/20 (Sun) 読書ノートを更新しました。ハリーポッター本です。

2008年に『ハリー・ポッターと死の秘宝』が日本で出版され、このシリーズが全て完結したものと思われていた。私自身、この作品のファンとしては読後、かなりの喪失感を味わったことは事実である。そもそも、最初の「賢者の石」が国内で出版されたのが、1999年。そこから、「死の秘宝」の7巻だけでも、約10年。ハリー自身長い旅であったが、読者も同様に長い旅であり、それは、ただ「終わってしまった」というだけのものではなく、どこか何か忘れ物をしたような、そのような感情が喪失感を生み出したように感じる。が、しかしこれが終わりではなかった。今回刊行されたのが、本当の旅の終着点であったのである。

本書はこれまでの物語とは異なり、この夏イギリスで舞台化されたものを書籍化している。つまり、構成は小説ではなく、戯曲である。
  本文より掲載


こちらです 

スポンサーサイト

お知らせ | comment(0) |


<<エア鼓打ち(^^)楽しく能あそび最終回  近々には創作能オセロ! | TOP | 素晴らしい色無地の着物友さん  香道席も楽しゅうございました。 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード