2017/03/28 (Tue) 当代の最高の演者の能  景清

日曜日は朝も早よから♬観世会館へ、でした。
梅若玄祥さんの景清をいいお席でみたいので早くからならびました😅
あとの2番は季節の演目は桜🌸桜川 と須磨源氏
風が冷たくクリーニングに出すはずのカシミヤショールを持ち出し、桜コーデ🌸で参りました。

お手軽な紬の描き絵の山桜。

まだ肌寒くコートが要ります。

開場の15分前に着いて、すでに30人ほどの列。観世例会は受付で座席を選び指定するシステム。
脇正面と正面後方はまだ充分あるが、正面前席で見たいので、今回はあえて特別料金を追加して正面3列目にしました。
気合い入ってる👌✨

補助席もでてます。玄祥さんだからかな!

玄祥さんの景清は特別席にした甲斐がありました。
景清役者と言われてもいいぐらい、あの方の景清を見て見たいと思わせる演目の1つが景清。
あのピーンと張り詰めた空気ってなんなのでしょう!名人の舞台ってそうなのですね。
謡いが何段も上級の謡。
景清も後の二曲ともに詞章がいいので、二百番綴じを持参していたので舞台と謡曲本をチラチラみながらの鑑賞。舞台はメガネ、謡曲本は裸眼。
掛けたり外したり、忙しく、側から見たら変でしたでしょうね。
玄祥さんの舞台が関西であればいいお席でまた見たいと思えたことでした。
須磨源氏は、源氏語りの会で回を重ねているわたしにはツボでした。
貴人もの、面は中将? 気品ある面が目に焼きつき、夢に見そう。
月の光を浴びて光源氏が降臨する、この曲では光源氏は神なのです。
能の装束は前の方の席ですとよく見えてこれも楽しみの1つ。
唐織、鬘帯、扇など、日本の工芸に粋がすべて詰まっています。
そして最高の演者の能を見ることは大切です。今回はその意味でも値打ちのあるものでした。
拡大⬇️

ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ



スポンサーサイト

能 狂言 | comment(0) |


<<連日、珍しく洋服で街中へ  超ロングコートを短くした2着 転ばぬ先の何とか^^; | TOP | 書展  皆様のコーデ  5様 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード