2017/06/20 (Tue) 映画🎬20センチュリー ウーマン20に寄せて

映画「20センチュリー ウーマン」はまさに70年代後半のアメリカ🇺🇸女性学が盛んであり、一般女性にも影響力があった時代のある母と息子とその友人たちの物語でした。

以下、少し長くなります。

当時の女性学を背景にした性と女性の身体をテーマの映画が今時、制作されていたことに驚いた。
ストーリーをチェックせずに見に行ったものだから。
女性学=ウイメンズ スタディーの本の一節が画面に映し出されるではないか!
その頃、日本でも女性学の著作及び翻訳本が数多く出版され、1982年に創刊されたブックガイド付き情報誌 「ウイメンズ ブックス」を季刊でわたしは10年間編集し作っていました。
その後、フリーとなり新聞雑誌に女性に読んで欲しい本の紹介やコラムを持ったり、講演の仕事も来るようになりました。
卒業後すぐに結婚しましたのでキャリアというものは何もない中で、必死に三十代半ばに本を読んで情報発信したことで、結果的にキャリア形成をすることができたのでした。
あの頃の時代の追風を受けて一主婦が、仕事へのとっかかりを見つけたわたしも、まさに20センチュリー ウーマンのひとりだったのかもしれません。
アメリカに暮らし、あの時代の息吹を多少なりとも体験して帰国したおかげで、一歩踏み出すことができたのでした。
サンクス あの頃のアメリカ🇺🇸!
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ






スポンサーサイト

映画/音楽/芸能など |


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード