2017/08/28 (Mon) 能 覚書 定家  這い纏わりつくや  定家葛  

開始 2時45分 終了5時
2時間15分の大曲
拡大 🔽

詞章もある程度頭に入れておいたし、二百番も携帯して、しっかり見ました。
指定席は脇正面真ん中でしたが、橋掛りに近い空席に横移動。

橋掛りを行くシテを真近に見て、後シテが墓の中から出たり入ったりするシーンを横から見るのもなかなか見応えがありました。
這い纏はるるや~定家葛の墓にまた戻るんです。
文蔵さんの式子内親王を拝見できて幸せです。
動きの一挙手一投足を凝視するほどに惹かれておりました。
今回の記念会である肝心の大 小鼓のコンビもかんばらてました。
藤田六郎兵衛 さん、さすが!物悲しく 抑えぎみのいいお笛でした。
何よりも2時間以上の地謡がかなめの大切なお役。
いい節が決まる!玄祥さん ❤️九郎右衛門さん👌
ああ、這い纏はるるや、定家葛
拡大🔽

これからも蔦葛ものを見れば思い出すに違いない。
現にウチの庭や塀には這い纏わりつくツタカズラが群生しておりまして😴

これからも気になる曲は見に行こうと強く思えたことです。
追記
定家関連 メモ
能 覚え書
  鑑賞本を何冊かもっておりますが、白洲正子さんには定家の記述はありません。
梅原猛先生にはあります。
ちょうど大槻文蔵さんらが協力されたこの本で、特に定家は濃い熱き 梅原語り となっていて読み応え 充分。


科学者で能 作者でもある多田冨雄氏の本
新作能をテレビで拝見しております。
鴎外の高瀬川にヒントを得た生死の川がいまだに強く印象に残っております。
ワキの宝生閑さんの生前の舞台ともに。

河村晴道さんの解説🔽

↑定家は京都の河村晴道さんの解説になっていて、これは演じる立場からの解説。
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ





スポンサーサイト

能 狂言 |


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード