FC2ブログ
2018/06/11 (Mon) 辰巳満次郎 京都公演 熊野

嬉しいや!宝生のOBと先生と開演前に撮って頂くことができました。



サイン入り能の本

第2弾が出ました!



満次郎先生とのツーショット
数年前に後輩の泉先生の脚本による満次郎先生のオセロ公演がありました。

このときのイアーゴは野村萬斎
(一昨年の京都公演  は茂山逸平)

わたしも泉南まで参りました。


奈津子さん、キクさんとの初対面での鑑賞でしたが、
その後のお付き合いは素晴らしいものとなっております。




その舞台を盛り上げたパイプオルガが印象に残っておりましたので、
後輩でもある脚本の泉先生とオルガニストとご縁つなぎをする機会となりました。

京都在住のオルガニスト Hさんとは先日のお茶会で偶然にもお会いすることができて、今回のご縁繋ぎとなりました。

いいご縁は無理しなくても自然とつながっていくものなのですね。




遠くから今夜一泊しての参加の宝生部OGの同級生の二人と!

満次郎先生の公演にはいつも装花が印象的です。


🎶




お囃子方は一噌流・幸流・葛野流で宝生の座付の流儀で揃えられたそうで
大鼓の亀井広忠さんは無限能の観世会館から移動。

初めて聴いた桂吉坊さんの熊野の語り、聞き応えありました。
照明を無くして吉坊さんさんの灯りだけ、優雅で物哀し かった。


以下、満次郎先生ご自身のご報告をわたしの覚書として引用させていただきます。


引用はじめーー
京都満次郎の会
「都春花雲」
多数ご高覧賜りまして、誠に有難うございました。心より感謝申し上げます。





庭池石舞台とロビー奥には、





熊野寿哉氏の装花
野村万蔵家のみにある、加賀前田侯所縁の番外狂言『見物左衛門』花見は、
京都では初めてかも知れません。
若手と宗家の仕舞は、






いずれも花の都の演目。
満会オリジナル 能ものがたり





桂吉坊さんの語りは、
特上でした。
京都では近代の上演記録はありません。




父は金沢で勤めており、私も後見をしました。





東京でも2度拝見しています。
150曲ほど能は勤めましたが、松風・熊野には手を出さずに、正直に申せば逃げて来たに近いものです。

特に宝生では大事にされているだけあって、稽古積めば積むほど、詰める程に、

難儀であり、深い解釈が必要であり、そして面白いものでした。
当日は思い通りに行かない事もありましたが、
舞については悉く上手くハマり、手練れをお願いした甲斐があったと感謝しました。
京で熊野をやるのは格別でした。前日には清水寺を特別参拝させていただき、本堂修復屋根も拝見。こんな嬉しく有難いことはありません。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

ーー引用 終わり









ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ




























スポンサーサイト



能楽 |


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード