FC2ブログ
2009/06/13 (Sat) 夏の帯まわりとキモノ本

時間があったので。。。棚揃えがわが好みにあっていた書店でしばし立ち読み。
先の飛田さんの新刊を見つけたのも此処です。

お持ち帰りしたのは、先の京の料理本とこれです
CIMG1551.jpg



最初からパチパチしたいくらいわが意を得たりです。
着物好者の「保存欲」というものですって~。
わかってほしいのよ~!ってこと。

   CIMG1549.jpg


               

梅雨の明かりまに夏の帯まわりの入れ替えをしておきました。
深窓氏のネクタイもいい加減多いですが、。。ひとのことはいえません。
私めの帯締めも増えてしまいました。

レース、紗、そして夏も使用出来る冠の3種。
CIMG1525.jpg

帯揚げは適正な枚数です
CIMG1526.jpg

箱は秀子さんのお手製。
ヘチマの帯まくらと帯板はクール

今日は秀子さんと小学校のクラス会『仲良しの子ども』です

スポンサーサイト

キモノ一般  | comment(5) |


<<なかよしの子どもハイライト | TOP | 京の料理本>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

「あとに遺す」、、、わかるような気がいたします。
ところで帯締めですが、レースや紗というのは、どことなく締まりが足りないように思われませんか?
道明によると「帯締めに夏用なんてありません。ごろっとしたヒモを避ければいいんです」とのことで、それを聞いて以来、夏も冬もほぼ道明の冠組一筋です。
自称「真っ白おばさん」といってはばからないほど、夏も冬も白か白っぽい色の無地の冠組がスキ。帯揚げも白が好き♪着物における白って、やはりオールマイティー。
などとおしゃべりが過ぎました。明日夜の「こんぴら」が楽しみです。
あっ、今月は、仁左衛門さま一世一代の「女殺」をカンゲキに千秋楽に上京します。
水色地にユリが描かれた絽の付下げの予定です。

2009/06/13 11:26 | るな [ 編集 ]


 

幸田文さんといえば、私も『箪笥の引き出し』を持っております。
思えばキモノ関連では初めて買った本、そしていまでも読み返す、
思い入れの深い一冊です。

2009/06/13 15:32 | nono [ 編集 ]


るなさま 

涼しげな感じが欲しいときには絞めますが、確かにレースや紗は締まりが悪いですね。
帯揚げは仰るように私も年中白の飛び絞り活躍してます。それにいたるまでにはいっぱい授業料を払い。。。v-8仕方がないですね。

ニザ様!ですか!いいですね。私もサヨナラ公演中に行きたいとは思っていますが。。。
絽の付け下げ、、、気合いをお入れになってe-50すてきe-51またその様子を教えてくださいませ。

2009/06/16 11:32 | ake149 [ 編集 ]


nonoちゃん 

はじめての着物本がこの方とは、本格派で、,、渋いわv-237

2009/06/16 11:33 | ake149 [ 編集 ]


 

道明の「冠組」、こっそりと追記です。
もちろん、確かめたことはございませんが、皇后さまは道明の冠組をご愛用とか。
効かせ色、溶け込ませる色、、、お着物姿を拝見するたび、絶妙な色合わせに唸ってしまいます。

2009/06/16 12:31 | るな [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード