FC2ブログ
2019/05/09 (Thu) 日本画家の旧宅で開催された昭和の着物展示と煎茶席に参加  in大津 琵琶湖畔

ゴールデンウイークの後半を彩った「昭和きもの愛好会」の昭和のきもの 展示

メインの昭和きものの展示と解説は西陣のF氏でした。

小川流煎茶のお席がある日にわたしは参加しました。


京都には日本画家の旧宅が多いが、そのままに保存されていることは少なく、

竹内栖鳳 旧邸はレストラン 東山 SODO (草堂) 今尾景年 旧宅は懐石 瓢樹など

その点、
今回の会場となった日本画家 山元春挙の旧宅  蘆花浅水荘(記恩寺)は

そのままに保存されていました。





https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%85%83%E6%98%A5%E6%8C%99



栖鳳と春挙といえば

一昨年?の高島屋美術部が育てた日本画家の展覧会を思い出した。

竹内栖鳳と山元春挙の原画を元に織った美術工芸品。

見てます!




ーー1910年にロンドンで開催された日英博覧会に出品され、現在大英博物館が所蔵する竹内栖鳳の《ベニスの月》(1904 年)と山元春挙の《ロッキーの雪》(1904年)(ともに高島屋史料館蔵)の大作の原画をもとにした染織品も、染織という「工芸」が、「日本画の表現」にも匹敵する迫力を示す、いわば「美術力」をもつことを如実に物語ってもいるでしょうーー






庭の向こうは琵琶湖




かつては庭から水遊びに行けたらしい。
船着場



茶室




そして
煎茶室もありました。





またにつづきます。




ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ








スポンサーサイト



お茶会 |


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード