FC2ブログ
2019/06/15 (Sat) 読書ノートを更新しました。

読書ノートの筆者が出会った本の偶然はそうではなかった。

『アヴェ・マリアのヴァイオリン』


ーー史実に基づき、自分の頭でいろいろなことを考え、感じることが勉強なんだよ。そして、人間にとってこれから先、どう生きていくべきか、幸せとはどんなことなのかを追求し、世界に目を開き、きちんとした自分の意見を持つことが歴史を学ぶことの意味なんだーー本文より


第1次世界大戦中徳島の板東俘虜収容所に連行され、そこでの生活を本書のハンナに聞かせる場面も出てくるが

(板東俘収容所に関する本は『二つの山河』として「読書ノート」(2016年7月21日の記事)


アウシュビッツの対極として板東俘収容所をこの作品で描いているとすれば、
この作品は歴史から学ぶことを考える役割を担っている。


スポンサーサイト



お知らせ |


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード