FC2ブログ
2019. 06. 15  
読書ノートの筆者が出会った本の偶然はそうではなかった。

『アヴェ・マリアのヴァイオリン』


ーー史実に基づき、自分の頭でいろいろなことを考え、感じることが勉強なんだよ。そして、人間にとってこれから先、どう生きていくべきか、幸せとはどんなことなのかを追求し、世界に目を開き、きちんとした自分の意見を持つことが歴史を学ぶことの意味なんだーー本文より


第1次世界大戦中徳島の板東俘虜収容所に連行され、そこでの生活を本書のハンナに聞かせる場面も出てくるが

(板東俘収容所に関する本は『二つの山河』として「読書ノート」(2016年7月21日の記事)


アウシュビッツの対極として板東俘収容所をこの作品で描いているとすれば、
この作品は歴史から学ぶことを考える役割を担っている。


スポンサーサイト



NEXT Entry
月一にネイルは紫陽花のイメージ 美味しいフルーツサンド^_^
NEW Topics
久しぶりの大原 いつもの三人で一万歩^_^
月一💅はティアラのようなキラキラ^_^お昼はカフェランチ
マスクもかなしき祇園祭
菊水鉾でちまき 洋服でしたのでテンション上がらずゑり善さんはパス 
祇園会 ちまきを授かりたく街中へ ベトナムマスクは付け心地よし!
上布 小千谷 絽三様も嬉しい月釜
明かり間に小千谷を着て 嬉しや 月釜へ
約1時間で繋ぎ 新パソコン生活 始動!この方ともおソロみたい^_^
来た~!何年ぶりかのパソコン! 
雨の釣果で庭で夕食 誕生日近い孫に卓上ファン🎁
プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
QRコード
QRコード