FC2ブログ
2019/06/28 (Fri) タイトルは  嵐電  それぞれの思いを乗せて走っていた。

この映画を見る予定だったので
見る前日の、京都新聞の、この記事は読まないでおいた。


読んで納得^_^
電車って
駅、音が記憶を喚起して
見る人を懐かしくさせる。
ヘルシンキを走る市電を使い夜の風景がとても印象に残る映画通のフィンランドの監督作品 浮き雲 も偶然みてました。
三つのストーリーが交錯するオムニバス風の構成。

キーワードの言葉
「この電車に乗れば、どこまでだって行けますよ。」
わたしも映画にして欲しい駅 あり^_^
京都造形芸術大の先生と卒業生 学生さんが頑張って映画界で成果をいろいろあげてはりますね。
メインの女性を演じる大西礼芳さんに期待します。
黒木華さんの後を行ってください。
http://www.randen-movie.com/
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ






スポンサーサイト



映画/音楽/芸能など |


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード