FC2ブログ

京都で、着物暮らしpart2

着物でお出かけ生活も20年以上 経ちました。

Entries

秋風立ちて世阿弥の名曲 砧に寄せて 


月一で能カルチャー 河村晴久先生👨‍🏫
仏大四条センター 能への誘い


今期のテーマは恋慕


今回は砧 





3年待てども
またこの暮れにも帰れないとの便り

両手で顔を覆う
これは号泣のしぐさ





中入


亡き妻は
泥眼の後シテとなり登場

ビデオを見ながら
手持ちの謡本をみながら

詞章が名文


家を守り、夫を待つ妻なのに
表向きは仕事が理由 
しかし、
都にいいひとができた?




急遽
夫が戻り
数珠に袈裟掛けのワキが登場。

亡くなられてみてわかる妻心






夫が供養する読誦にてやがて成仏。



以下、長くなりますが
砧の関連  覚書です。


ーーー
世阿弥の名曲砧ですが、

たまたま
Eテレ 古典への招待の今年のパリ公演を録画しておいた中に

嬉しいことに全曲が録画されおりました。


副音声の解説を聴いてみると

かつて能楽界のレェジェンド
観世寿夫さんの1972年のパリ公演で好評を博したのが 砧

今回のシテ 浅見真州さんはその公演に同行されていたので、


自分もいつかパリ公演で砧をと願っておられてたそうです。



観世寿夫さんといえば、


1972年のパリ公演以来 ジャン ルイ バロウ(天井桟敷など主演)と親交が深まり、バロウも来日ーー


そのあたりのことは造形大の特別講義で渡邊守章先生から教わりました。


夫に忘れられた妻
秋風   砧を打つ


以下テレビ画面より📺





中国の故事に倣い
砧打つ




思いを砧に託すものの


しかし哀しいことに
夫は今年の暮れも帰らないとわかる。



空しくなりぬ  とは亡くなること。



夫が急遽戻ってきた
数珠に袈裟掛けのワキ役 宝生欣也さん







後シテ 亡き妻の亡霊現れる





恨みが高まり夫に詰め寄る





やがて
夫の読誦で成仏





このテーマは洋の東西を問わず
よくわかるはず。



関西からは
地謡
九郎右衛門 味方玄  





お囃子
杉さん成田さん
参加されてましたね。




ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ






スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター