FC2ブログ
2019/10/24 (Thu) 着付けの面倒なルールも纏うたのしみか?着物イベントで印象的だったこと

講演のメモ

自分用走り書で失礼します。


なぜ着物には文様があるのか?


和柄といえども

花札柄は御法度🎴



西洋絵画はシンメトリー 左右対象の絵柄 
しかし、かつての日本画はそうではない

日本は四季のうつろいがあり、

自然は動く

自然界はシンメトリーにはならない

わたし的に興味深かったのは

めんどくさい作法が必要な着物の着用についてでした。


戦後、簡単に着られようにと考案された二部式着物はなぜ定着しなかったのか?

面倒な作法が必要なのことも含めて着物が好き?

めんどくさいルール

だから、お端折りもなくならない

着物を着てこそ、

着物👘アートが完成する満足感!

めんどくさい作法に対してプラス志向の面もあることを考えさせられました。

着物愛好者はそうなのかな?

わたしの場合も
なかなか上手く着られないからこそ、次はもう少しマシな着方ができるように願いながら
着付けることの繰り返しをけっこう楽しんでいるようでもある

>


アンティークコレクションから
そのほんの一部ですが







八掛も同じ絵柄










本日はありがとうございました。



成願氏 作 塗り絵本を購入 お待ち帰りしました。







ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ





スポンサーサイト



キモノ一般  |


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード