FC2ブログ
2019/12/26 (Thu) 雪に因む2番 素謡 鉢木 有名な いざ、鎌倉の曲  そして 葛城

暮れの納会は補助席が出る
ほぼ満席






素謡 鉢木 




シテ 常世の出だし

ああ、降ったる雪かな



舞台は大雪❄️

いざ、鎌倉
有名な鉢木

武士のお手本として

最後には鉢の木 梅 桜 松
をくべて暖をとり旅人を泊めたエピソード




おシテが力強い武士らしい

いい素謡でした。




千鳥は茂山七五三さんと逸平さんの親子さん

楽しく(๑・̑◡・̑๑)

葛城は宵山能の昨年、後祭
行者山に因む曲として

真夏に雪❄️で納涼でした。



葛城の神様はお昼にはお出にならず 
ごめんそうが ちとお悪く^_^

夜のお出ましになる女神さま^_^

小書付きなので
作りものには雪が積もっている

蔦葉の紅葉🍁冠の女神




さて、
降りしきる雪の中に現れる前シテ、
醜い容貌と言っても、
美しい女神の姿で現れる後シテは大和舞を舞う

幻想的な古代のロマンを浦田保親さん、よかったです。

葛城の女神が現れるときの杉さんのお笛 印象に残る独特の震える音 それをなんというのかしら?

参照

葛城
雪深い葛城山中で道に迷った山伏一行は柴採りの女人に助けられるが、谷間の庵で山伏をもてなす女は「三熱の苦しみを助けてほしい」と訴えると、自らは葛城明神であるとほのめかし、消え去る。

夜、山伏の供養に引かれて出現した葛城明神は大和舞を舞い奏でるが、夜明けが迫るとともに恥ずかしくなって消えて行く

ーーーーー
ご子息 親良さんの仕舞 野守も迫力がありよかったでした。
見るたびに上手くなっておられますね💕



ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ











スポンサーサイト



能楽 |


| TOP |

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード