FC2ブログ

京都で、着物暮らしpart2

着物でお出かけ生活も20年以上 経ちました。

Entries

源氏語りの会 今回は藤裏葉 法然院にて

先日参加した 京ことば源氏物語全五十四帖連続語り会の記録です。

公式ページより引用させていただきました。




「法然院 大書院(京都市左京区)2021.3.27


会より写真をお借りしました。




◆「京ことば源氏物語」は、京都在住の国文学者・中井和子先生が十五年の歳月をかけ源氏物語全五十四帖を現代京ことばに訳されたものです(大修館書店より出版:全五巻)


◆毎回、会場を変えて開催される、「無名塾」出身の女優・山下智子さんによる連続語り会。
朗読するのは、第三十三帖「藤裏葉(ふじのうらば)


◆語り会に先立って、貫主 梶田真章様 から、法然院の成り立ちや歴史についてのお話をお伺いしました。 






◆語り会では、まず山下智子さんが全体のあらすじを説明。「藤裏葉」は、光源氏39歳の話。


◆巻名は、内大臣が詠んだ和歌「春日さす 藤の裏葉の うらとけて 君し思はば 我も頼まむ」に因む。


◆内大臣 は 夕霧 の縁談を耳にし、娘・雲居雁 との結婚をついに許そうと和解の機会をうかがう。四月、自邸の藤の宴に招いてめでたく結婚の運びとなった。内大臣 は6年越しの恋を結実させた立派な婿を丁重にもてなした。


◆明石の姫君(11歳)の春宮入内は4月20余日と決まった。養母 紫の上 は生母明石の御方を思いやり、後見役を譲ることにし、紫の上と明石の御方ははじめて対面、互いに相手の美質を認めあう。紫の上に引き取られて八年、姫の成長に明石の御方は夢を見ているようであった。

◆明年四十の賀を迎える 光源氏 のために帝をはじめ宮廷中が準備に奔走していた。秋、光源氏 は准太政天皇の処遇を受ける。内大臣 は太政大臣に、夕霧 は中納言にそれぞれ昇進した。

◆冬、冷泉帝の六条院行幸があり、朱雀院 も御幸、かつての紅葉の賀を彷彿とさせる盛儀で、光源氏 の栄華はここに頂点に達する。

◆あらすじの説明の後、「京ことば源氏物語」を読む


◆最後に『源氏物語』の原文を朗読。柔らかな京ことばの声が心地よく、夕景の庭園を背景にした会場内に響きます。 


◆次回は、2021年5月16日(日)午後2:00
、「旧百々御所 宝鏡寺」(京都市上京区)にて開かれます。早めのご参加申込みを(椅子席・座布団席をお選びください)。

源氏語りの会
https://www.genji-kyokotoba.jp/






関心のある方は上記の会にお申し込みください。
その時は会場でどうぞお声かけくださいね。




ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ












スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター