FC2ブログ
2018/04/02 (Mon) 覚書  能の史跡を訪ねる  自然居士その1

お能 マイ プロジェクト能の史跡を訪ねる その2 自然居士
まずは
応仁の乱のはじまりとなった界隈

参加者は新幹線🚄で東西からお越しでした。

上御霊神社におまいりして。

自然居士が説教をした雲居寺との縁のある十念寺

http://www.city.kyoto.lg.jp/kamigyo/page/0000012285.html
本堂はモダンな現代建築
味方玄先生の祖父さまがかつてご住職をお務めになっておられました。

墓所の向こうは賀茂川、そして
大文字が望めます。

お稽古と遊び場はこの十念寺だったそうで、お寺についての説明を拝聴。

そして本日の主催者である喜多流シテ方、大島衣恵さんが、自然居士についてお話しされました。

この6月に自然居士!
広島県福山の大島能楽堂でなさいます。

一度行きたいと思っております。

本堂のこのいたは元は片山観世の能舞台に使われていたものだそうです。
ここでお二人のシテ方が交互に仕舞と謡をしてくださいました。
お昼はここでいただきました。

ご準備くださっていたのは、
観世会館の楽屋で能楽師さんがいただいておられる仕出し屋のものとか!

40余人の参加者がそれぞれのお社中ごとに自己紹介。
大島さんの社中は福山 広島から
味方さんの社中は東京と京都から
そしてわたしのように社中に属さないものも何人か^ ^
わたしは自分の能への道を自己紹介とさせていただきました。
そのあとはチャーターされたバスで自然居士のあとの舞台となった大津へとむかいました。

出町柳を発ち

琵琶湖へ

またに続きます。
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ





能の所縁の寺院 史跡 |


2018/03/29 (Thu) 能の史跡を訪ねる 通小町 随心院

この春の
そうだ、京都🚄観修寺らしく、
在京のものは、ポスターも見かけないし、今回はどちらか?は混雑ぶりにそういうことね、って気づきます💦
史跡というのはあやしいところもあります。
一旦、人口に膾炙されれば、やがて、一人歩きして、それらしく伝えられてしまっています。

まあ、そんなことも充分に承知で史跡を訪ねるのも一興なり。

この年になると何よりも身体と頭の体操と思えばいい。
🌸🎶

化粧した井戸

😊

文塚

こんなところも^ ^
小町さん@女性だけの納骨堂
こちらでした💁‍♀️↘️

この行楽と、花見の日曜日としては雑踏で疲れることもなく、予定していたよりも1時間早く帰ることができました。
山科はそう遠くないんだと😊
これからもいろいろ一人で出かけよう!
お持ちかえりは
春限定の小町さんの御朱印

竹が青々いい香りのういろう

小野の青竹
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。

能の所縁の寺院 史跡 |


2018/03/27 (Tue) 行きたいところに一人で出かける^ ^   山科  随心院

山科は近くて遠い気がしている。

地下鉄 東西線  小野

わが能プロジェクトとして
🎶能の史跡を訪ねる
🎶小野小町の5曲を制覇したい
まずは通小町の史跡  随心院を訪ねることにしました。
おひとをあてにしないで💦しかもひとりで行こう!と。
行楽には連れがあって欲しいですが、ある意味、自分の趣味と勉強は、ひとりが一番

同じたずねるのなら、はねず踊りのある日にしました。

はねずとは
和の色の名称  朱華

梅園があります。

小野の里  なんか長閑な風景

件のはねず踊りを先に見ました。
はねず踊り保存会のお子さんたち^ ^

はねず踊り邦楽グループのみなさん
尺八 箏 太鼓 鉦と鈴
歌がいい声で、品のいい歌詞、


さて、肝心の小野小町の史跡
能には5曲の関連の曲があります。
通小町

鸚鵡小町
草子洗小町
関寺小町
卒塔婆小町
またに続きます。
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ




能の所縁の寺院 史跡 |


2018/02/28 (Wed) 能 当麻  着物友達と訪れた当麻寺の思い出 /  勝修羅の面

📃お能 覚書 勝修羅
箙は勝ち戦さの武将が主人公である
修羅物は 負け戦の主人公が主であるが、
田村 屋島 箙は 勝ち戦もの=
勝修羅三番と言われている。
能ではこの三番しか勝ち戦はない。
面は平太をかける。

平太の画像は林宗一郎さんのところから拝借しました。
http://hayashi-soichiro.jp/howto
もう1番は当麻
あの中将姫伝説  当麻曼荼羅の当麻寺
わたしも着物のお友達と訪れております。
ブログより
その2
その3
山門から二上山が正面向こうに見える光景が思い出されます。

参照   📃   能  当麻
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ









能の所縁の寺院 史跡 |


2018/01/31 (Wed) 源氏の小紋(^^)狂言ゆかりのお寺に迷い込んみ、有意義なこと。

扇の大西常商店さんが主催の能の講座の一環。

これでわたしは3回目の参加🤞

たっぷり時間がありながら、勘違いしていまして、始まってました。

📃🤞

京ことばで語る源氏の会とはまた趣を異にしながら、源氏物語の解釈の手がかりになる研究者の解説もあり、有識な会でした。

旧知のイベントプロデューサーさんが
お着物、ステキって、
お撮りくださいました。

源氏のちなみもん、帯飾りの能面など話題にしながら、パシャ。

プログラムにある投扇興はパスさせていただき、一足先に失礼しました。

会場に向かう途中で一筋間違えて、
お寺に 迷い込んで しまったのですが、

怪我の巧妙!

狂言にも出てくる平安時代からのお寺さん、因幡堂でした。

街歩きの効用ですね(^^)
またに続きます。
ランキングに参加しています。
よろしくおねがいします。
今日もクリックしていただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ






能の所縁の寺院 史跡 |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

ake

Author:ake
きものHP   2001年~2005年
きものblog  2005年~2008年
2008年7月~
「京都で、着物暮らしpart2」

職業 文筆業 ジャーナリスト

*仕事関連プロフィールはリンク欄に記載
 

ランキングに参加しています。
クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード